つきみの変わりゆく日々

食のこと、身体のこと、より良いライフスタイルを過ごしたい。

受験生の食事

クリスマスが近づいてきました。街中の灯りがクリスマス使用に飾られていますが、我が家ではもうツリーを飾ることがなくなってから、久しくなりました。

部屋を飾ることはなくても、チキンとケーキは頂きます。食い気にはかないません。( ´艸`)


受験生にとっては、クリスマスもお正月も追い込みの時期!でも、食事くらいは楽しんで家族で頂けるといいですが。

2人の子供たちも今では、次のステップへと頑張っているところですが、二人とも必死で受験勉強をし、この時期の苦しみを乗り越えました。

長男は、一浪したものの初年度落ちた大学よりもレベルの高い大学の合格を勝ち取ることができました。

f:id:moonriver52p:20191221210859p:plain

受験生の食事についてですが、普段は特に気にしなくてもよいでしょうが、受験の期日が近づいてくると、やはり気を付たほうがいいと思います。

受験前日にゲン担ぎの為に、豚カツを食べさせて、当日に「今日はがんばってね!」とアイスコーヒーを母親から渡され、試験会場の待合室で一気に

アイスコーヒーを飲んで望んだ試験の最中、前日に脂っこい豚カツで、胃腸に少し負担がかかった身体をアイスコーヒーで冷やしたため、お腹の調子が

悪くなり、トイレへ駆け込むことになった。という話を聞いたことがあります。


私は、受験とはもちろん本人が一番頑張る事が大事ですが、保護者の支えなしには勝ち取る事は出来ないと思っています。

中には、親のサポートを全く必要としない子もいるみたいですが。

保護者がやるべき事は、頑張りなさいと励ます事ではなく、やりやすい環境を整える事と美味しい料理を提供する事、陰ながら応援する事に尽きるかと思います。

その子の体質にもよると思いますが、当日は揚げ物や生ものは禁止です。彩りに入れるミニトマト、ポテトサラダもきゅうりやマヨネーズは傷みやすいので、ダメです。なので、サンドイッチも駄目なのです。

おにぎりも、ツナマヨより梅干し、昆布がいいです。
うちの子は、おにぎり3個とお茶だけ持って行来ました。

受験会場が地元の場合は、自宅からお弁当を持って行けるので良いのですが、地方出身の為、県外での受験だったので、結局コンビニのおにぎりを前日に購入し、持って行きました。賞味期限も勿論チェックしました。念には念を入れて。

受験当日は、幕の内弁当のような、あれこれ入っているものより、少しお腹に溜まるおにぎりくらいで良いみたいです。
お弁当を楽しむ余裕なんて無いのです。。。
(余裕がある子なんて、本当にいるのかな?極一部でしょうね)


受験で全てが決まってしまうのではないですが、目標に向かって必死になっている我が子の為なら、何だってしてあげたいと思うのが親心だと思うのです。

日頃の食生活や習慣が、ここぞという時に力を発揮できるパワーになる事は間違いないです。