つきみの変わりゆく日々

食のこと、身体のこと、より良いライフスタイルを過ごしたい。

50代からのファッションを考える

50代からのファッション


年齢と共に、ファッションについて迷うことが増えました。

女性は40代後半辺りから女性ホルモンの変化により、体型が変化したり、顔色も若いころに比べてくすみがちです。

今まで着ていた色のニットを鏡の前で照らし合わせて、「あれ?何か違う」と感じたことはありませんか?

私自身は、若い頃自然や植物色であるアースカラーを選ぶことが多かったのですが、最近ベージュ系やグレー系の物を顔の近くに持っていくと逆に老けて見えるかもと感じることがあります。

同じベージュ系でも、明るめの色をできるだけ選んだり、ボトムスにベージュ系やグレーを持ってくるようにしています。

顔の周りに明るい色を持ってくると、ぱっと顔色が映えて移りますよね。




毎日眺めてワクワクする


本屋さんで、素敵な本を見つけました!

「井上保美さんの365日着こなし見本帖」

著者は「45R」のデザイナーでもあり、副社長でもある井上保美さん。立ち上げ当初のブランド名は「45RPM studio」

シンプルなデザインのうえに上質なイメージです。カジュアルだけど女性らしさもある。

少し本の内容をチラッとのぞき見しただけで、直感で好きだと思いました。

デザイン画と毎日のコーディネートが365日分掲載されていて、今日の日付の前後辺りを毎日眺めてはワクワクします。

年齢を重ねてもこんなにも素敵に着こなせるんだと思いました。

流石に全く同じように着こなせないかもしれないけれど、着こなしのヒントになります。

井上さんは私よりも年齢がかなり上ですが、とてもキュートで洗練されていて素敵です。

こんなふうになりたいと素直に憧れます。

井上保美さんの365日 着こなし見本帖

井上保美さんの365日 着こなし見本帖

  • 作者:井上 保美
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2019/10/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


靴はフラットシューズ

本の中でのコーディネート、全てがフラットシューズです。

この点も、私に完全に一致、共感しました。

50代のファッションで探したときに、パンプスに合わせた着こなしは私にはないからです。

長距離を歩いても疲れない!体感をしっかり使って歩く!正しく歩くことによって体のバランスが整えられる!というのが私の根幹にあるのです。

シンプルな組み合わせには、バッグや靴をアクセントにしていたりとても参考になりました。


まとめ


「Tシャツとデニムに女性らしさをプラスする」こちらが井上さんの永遠のテーマだそうです。

そういえば、私も若い頃にいくつになってもジーンズの似合う女性でありたいと思っていました。

取り入れやすいデニムだからこそおしゃれに着こなす。

すっかり忘れていました。春になるとデニムを着たくなりますよね。最近はデニムも色々な生地、質感が楽しめます。

Tシャツも生地の種類が豊富でリネンやコットンを私は好んでよく着ています。

年齢を重ねたからこその、着こなし方があるのだと思いました。スタンダードで、上質な物を選ぶ。いつまでも、おしゃれを楽しみたいです。

力を抜いて、私らしく。洋服はその人の生き方が現れるそうです。