つきみの変わりゆく日々

食のこと、身体のこと、より良いライフスタイルを過ごしたい。

夏になる前に冷蔵庫の製氷機の掃除



随分と暖かくなってきました。


桜の木々が街並みを色付け始めました。


春の訪れを感じ嬉しくなりますね。


昨日の昼間は気温が20度近くまで上がり上着は必要なしでした。


温かくなると、心も軽くなりお出かけしたくなります。



冬場には氷を使う機会がめっきり少なくなるので、ついつい冷蔵庫の製氷機のお掃除を忘れがちです。


新しく氷を作ろうとして製氷機の容器を洗おうとしたら、フィルターの部分が少しぬめりがありました。


早めに掃除しておかなくては、赤カビが発生してしまいます。


製氷機のお掃除は面倒くさいですよね。


我が家では家族の誰一人としてやろうとしないので結局、私がすることに。


カビが発生してしまった氷を入れた飲み物を飲んで食中毒を起こしては大変ですから。

準備するもの

・クエン酸

・計量カップ

・水

・大さじスプーン


f:id:moonriver52p:20200321193136j:plain


クエン酸大さじ1を水300mlに溶かして製氷機に入れ通常通り氷を作ります。

分かりやすいように食紅を少量利用する方法もあります。


クエン酸で洗浄した後ケースの中をチェックしたら、ぬめりは無くなってすっきりしていました。


f:id:moonriver52p:20200321193157j:plain


クエン酸の氷を捨て容器を水洗いした後、新しい氷を作ります。


気になる場合は、2回ほど同じ工程を繰り返します。


普段は軽くスポンジで擦り洗いで充分だと思いますが、ぬめりが気になり出したらクエン酸を使う方法にしています。


Amazonにて洗浄剤も購入できます。


こちらも内容を見てみると、クエン酸、リンゴ酸が使用されているようです。


そろそろフィルターの交換も必要かなぁと思いますが、結構高いので出来るだけこまめに清掃しようと思います。


ついつい放置してしまってカビが発生してしまった場合は、交換した方が安全です。


家の冷蔵庫は三菱なのですが、Amazonでフィルターを確認したらひとつ1248円でした。


こんな小さなフィルターなのに少し高いような気がするので、大切に取り扱っています(笑)


夏場は頻繁に使用するので、軽く洗うくらいで充分ですが、冬場はぬめり発生に注意です!!